ウルフルケイスケが活動を休止した原因は不仲?今後のライブやソロ活動も調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんおはようございます。

昨日深夜に「ウルフルケイスケが、ウルフルズでの活動を休止」

と、発表がありました。

昨年25周年を迎えた老舗バンドだけに、長年による確執なども有るのでしょうか?

私は、また突然に・・・なんでやろーなんて疑問しか出てませんので、

これからサクッと

  • ウルフルケイスケが、ウルフルズでの活動を休止する理由は?
  • ウルフルケイスケが、今後のライブ活動やソロ活動はどうなるのか?

を探っていきたいと思います。

最後まで読み進めて下さいね。

スポンサーリンク

ウルフルケイスケが、ウルフルズでの活動を休止する理由は?

ファンクラブ会員には、2月16日に会報にて発表されてました。

もうその時から、Twitterでつぶやいている人はいたのです。

それと同時に悲しみと今後の応援の声も多数出ています。

いかんせんトータス松本の影響力が強すぎるので、つまんなくなったのでしょうか?

どうしてもバンドと言うものは、素人目からみてボーカル意外の人は、バックバンドに見えてしまう。

 

以前、ジョンビーチョッパー氏も居なくなってまた、数年後に帰ってきたよね。

やっぱり長年やってると、適度な息抜きも必要になってくるのではないでしょうか?

 

だから今回は、活動休止と言う道を選んで、あえてソロ活動に専念する道を取ったのでは無いでしょうか?

 

いかにして同年代のエレファントカシマシのバンド結成30周年がすごいことであるのかを思い知らされます。

と、いろいろ思うのですが、何と言ってもウルフルケイスケさんは、今までも結構ソロ活動してたのですね!

ウルフルズ活動中より、他アーティストのレコーディングやイベントに多数出演。 ウルフルズ活動休止中は、不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに、ギターを担いでひとりで全国を周る。2014年のウルフルズ再始動後も、弾き語りスタイルのソロからバンド形態まで、自由でオープンなスタンスをとりながら、シンプルでご機嫌なロックンロールを展開中。

https://www.ulfulkeisuke.com/news/?id=1532より引用

スポンサーリンク

ウルフルケイスケが、今後のライブ活動やソロ活動はどうなるのか?

ウルフルズ活動休止した2009年からずっと規模関係なく全国にソロでライブやイベントに参加しているようですよ。
個人のホームページも立派にありますし、結構内容が充実してたので、ウルフルケイスケはソロとかゲストなどでも通用される方ですね。

大ベテランですしね!

誰しも意見が合う合わないはあるでしょうね。

その上でソロ活動楽しいとグループ再開時言っていたので、今やりたいことを優先しただけじゃないでしょうか?

 

今後の活動などは、明記されてませんが旅をしながら回って行きそうな気がします。

 

でも公式ホームページを見ていると、メンバーそれぞれが、ちゃんとホームページを持っていて、その中身を見てると、ちゃんとソロ活動の様子も載っていました。

なので、今回ウルフルケイスケさんは、活動休止してまで沢山ソロ活動をしていくと感じました。

 

まとめ

これまでの記事をいろいろ読んでいて思ったのは、ウルフルズ自体活動休止とか、それ意外でもメンバーが、一時休止する体質を持っているバンドだと私は思います。

良いところは、休止なので解散だとか、脱退では無いところですね。

また、戻りやすいように活動休止という言葉を使っている、ふところの深いバンドではないでしょうか?

最後まで読み進めていただいてありがとうございます。

THATTAでした!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*