加藤一二三スッキリ!!で語った今の心境は?今後の活動は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!

ザッターです。

昨日の対局で敗戦し その場では何も語らず静かに立ち去った

加藤一二三さんが、今朝のテレビ番組のスッキリに出演しましたので

その様子を お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

引退から一夜

晴れやかな顔をしてました!

5ヶ月程前からこの日が来ることは家族にも話をしていて

覚悟はしていたと言っていました。

終わった後コメントは、しませんとマスコミには伝えていた。

それは、なぜか?

後日将棋連盟主催の取材に応じる為だそうです。

なぜネクタイは長い?

特に意味はなく ネクタイの結び方によるものだと思いました。

奥様とお子様が選んだヒツジのネクタイをしてました。

最後の対局の模様を放映

対局前に座布団を交換してました。

こだわりの部分なのでしょう!!

今回の対局で2505回目の対局

勝てば最年長記録

負ければ規定により即引退

食事にも並々ならぬこだわりがあった。

昼食は うな重

対局では、ほとんどうな重を注文するらしい

また夕食は、

カキフライ定食とから揚げ定食を注文するも無かった!

先ほどの定食は、以前勝った時の対局で注文した定食メニューだった。

縁起担ぎだったのですね。

それが無かったので、

夕食は、天ぷら定食とトマトサラダを注文

 

最後のひふみん伝説とは!

 

9時間40分

負けが確定した積みの状態の時、

気持ちの整理が、付かないせいか

一度部屋を出て20分ほど長考した。

対局室へ戻って 最後の一手を指すと 「その日の対局を振り返る感想戦は無しで!」と 宣言した。

こんな事も異例であり これが、最後のひふみん伝説となりました。

その後「まいりました」と負けをみとめて、

即座に 一言も発せず対局の場を後にしました。

やはりその瞬間というものは、寂しいものもあり

また、勝負の世界のキビシイ所を見せつけられました。

録画放映の後スッキリ!!で加藤からのインタビューでは!

兼ねてから引退は覚悟していた。

戦いはできないが教えたり

本を書いたり 講演会に出たり

やることはたくさんあると

精力的に活動する予定みたいだ!

加藤一二三さんが、対局最終局面の一度退席の時

「負けは確実だと実感してた。

インタビューに合わずに一人で出ることを考えていた。

それを実行出来たことは、よかった」と感じてた模様です。

後日記者会見などは、行いますが流石に対局当日は 棋手は負けることは考えてませんのでね

感想戦は後日手紙などで関係者に伝えるとの事でした

お食事の事

夕食のカキフライを食べたときはかったので 注文をしたが 季節が終わっていた。

3ヶ月ほど前にこのメニューで勝てたので 頼んでみたらしい。

やっぱり対局中は、カロリー消費も激しいらしく 若い棋手は、対局中に3キロも体重が減る人もいるらしい

スポンサーリンク

ひふみんの自宅愛用の将棋の駒がスゴイ!

自宅で使っている将棋の駒は、

なんと約40年前にバチカンに行ったときに ヨハネパウロ2世にローマ法王にお祈りしてもらった駒らしい

なんと ひふみんは カトリック教徒だった!

やはりそれは、決断の時神様へお祈りし 一押しして頂いているとおもいます。

ひふみん伝説

  1. 対局相手の背面に回って盤面を見る。 ひらめきを浮かばせる相手の立場で考えた ひふみんアイ!と呼ばれてる。
  2. 聞かないでもわかるのに あと何分!と聞くことでリズムをとる そうすることで良い手が発見できると期待が出る
  3. 勝つためにいい環境を作る 対局の前日に滝を止めてもらってる
  4. 休憩中に聖歌を歌う 1曲のさわりを番組中に歌いました。

どうやらひふみんは解説は好きみたいだ!

この後の藤井聡太の対局の行方は!ひふみんの予想は!

藤井聡太4段は、しっかりと勝ち切る実力を持っている

澤田真吾6段は、リラックスして今回の対局は出てくるので ある意味強い!

そこで、大胆な予想をひふみんは次のように立てた

藤井聡太4段の勝つ確率は60%と予想しました。

その理由は!

藤井4段の強さの秘訣と言うのがあり

  1. 最初から攻めまくる
  2. 間違いをしない

そこが、大きいみたいです。

加藤一二三さんの今後は!

今までの いい対局が、私の財産となっているので、

引退後は、執筆活動がたくさんオファーが来てるらしい

これは、知らなかったことだが、今までに本を55冊程出してると本人が、語ってました。

今後の事ですが、

引退しても棋士には、変わりない

対局には、出れませんがー

将棋連盟には入っているので、棋士という仕事の権利と義務はあるらしい。

音楽は主にクラッシックが趣味

結構多彩な一面があるみたいです。

 

まだまだ、活発に活動していく加藤一二三さん

今後とも見守っていきたいと思います。

 

最後まで 読んでいただきありがとうございます。

ザッターでした。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*